やまぐちの 天気余報

BK-81001

やまぐちの 天気余報

(BK-81001)

山本昇治/著 A4版 296ページ

KRY気象予報士のお天気本 第2弾!「天気のミカタ」がさらにパワーアップ!

山口県の天気を見つめ続けてきた気象キャスターが地元目線で、季節を身近に感じる話題を書き綴りました。

序章

毎年、当たり前ようにやってくる春夏秋冬の移り変わり

その変化に合わせて、人々は暮らしの指針となる暦を作り、与えられた自然の営みを過ごしてきました。現代においても季節を楽しむ暮らしを送るために、まずは知っておきたい、季節や暦が生まれた背景や、季節の気象変化のポイントをまとめました。

春の章

寒い冬が終わりを告げ、新たな息吹が芽生える季節へ

万物が生き生きと輝き始め、外に出かけるのが楽しくなる季節です

[二十四節気]

立春→雨水→啓蟄→春分→清明→穀雨

夏の章

万物の命を育む雨とともに、太陽のパワーは最盛期へ

作物はすくすくと育ち、夏の空は表情豊かに私たちを包み込みます

[二十四節気]

立夏→小満→芒種→夏至→小暑→大暑

秋の章

畑や野山が豊かに色づき、賑やかな収穫の季節へ

多彩な景色の一方、さわやかな風には少し物悲しさも感じられます

[二十四節気]

立秋→処暑→白露→秋分→寒露→霜降

冬の章

厳しい寒さや雪に耐えながら、生命力を蓄える季節へ

次の年への願いを込める行事で、生活には慌ただしさがあります

[二十四節気]

立冬→小雪→大雪→冬至→小寒→大寒

雲✖️光の章

ワクワクする空の話

雲の世界へ

光のマジック

ビックリする空の話

防災の章

「情報」と「知識」と「五感」で身を守る

在庫状態 : 在庫有り
¥1,650(税込)
数量