世界の KYOTO へ いざなう 紫式部の暗号 「源氏物語」の裏ポイントは「気象」

BK-73001

世界の KYOTO へ いざなう 紫式部の暗号 「源氏物語」の裏ポイントは「気象」

(BK-73001)

石井和子/著 B6版 229ページ


源氏物語を天気から読むと、京都はさらに魅力的! 京都の風景は変わっても、1000年の春夏秋冬はいまも変わらず目の前に。
倉崎式部は平成の気象予報士だった。

 

目次

はじめに

第1章 天気は「源氏物語」の演出家

第2章 紫式部が見つめた京都という舞台

第3章 古都のときめきは、春霞と山桜・春

第4章 京都の酷暑に、氷と蛍の涼味を・夏

第5章 風と光が奏でる静寂のひととき・秋

第6章 北山時雨と雪まろばし・冬

第7章 紫式部の残した暗号を追う

終わりに

在庫状態 : 在庫有り
¥1,512(税込)
数量