気象ブックス004. 局地風のいろいろ 3訂版

BK-22088-2

気象ブックス004. 局地風のいろいろ 3訂版

(BK-22088-2)

荒川正一/著 4-6判 170P


局地風とはその地域特有の風で、山一つ越えればまた違う風が吹いている。現在、その複雑な仕組みの解明が進み、クリーンエネルギーとして見直されつつある。世界各地の局地風と最新の研究成果を、風を追いかけて50年の風博士がわかりやすく解説。さて、あなたの住む町にはどんな風が吹いているだろうか。

目次
序章 局地風とは

第一章 風に名前がある(日本)−おろし風と地峡風
一 日高しも風
二 羅臼のだし風
三 寿都のだし風
四 水理学とのアナロジー
五 立川町の風車村
六 フェーロンニ例

第二章 国によって違う風の名前(世界)
一 ボラ(クロアチア、スロベニア)
二 アドリア海でボラに遇う
三 ミストラル(フランス)
四 ロッキーのチヌーク(アメリカ)
五 テワンテペサー(メキシコ)
六 カスケード山脈の地峡風(アメリカ)
七 風力発電と局地風

第三章 環境を汚染する風−海陸風と山谷風
一 海陸風と大気汚染
二 海陸風の数値モデル
三 海陸風のホドグラフ
四 南関東の夜間下層ジェット
五 海風・谷風と熱雷
六 丹沢のブナの立ち枯れ
七 ヒートアイランド

第四章 富士山の雲も風が作る
一 富士山の雲
二 山旗雲の観測
三 吊し雲の観測
四 ランドサットが捉えた吊し雲
五 真珠母雲

第五章 冬の季節風が作る雲
一 日本列島地峡からの吹き出し
二 済州島のカルマン渦列と一発大波
三 日本海の帯状雲と観測船啓風丸

在庫状態 : 在庫有り
¥1,944(税込)
数量

関連商品

  • BK-22088-2

    気象ブックス004. 局地風のいろいろ 3訂版

    荒川正一/著 4-6判 170P


    局地風とはその地域特有の風で、山一つ越えればまた違う風が吹いている。現在、その複雑な仕組みの解明が進み、クリーンエネルギーとして見直されつつある。世界各地の局地風と最新の研究成果を、風を追いかけて50年の風博士がわかりやすく解説。さて、あなたの住む町にはどんな風が吹いているだろうか。

    ¥1,944